-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-22 00:18 | カテゴリ:学びの扉
本日は表題の「空腹」と「免疫力」について考えてみたいと思います(^_^)


私は動物学とか生物学とか難しい話はよく解りませんので、自分が生きてきた中で感じた事を話すだけですが…


我が家の愛犬『マリーちゃん』は、体調が優れないと全然御飯を食べません!!

いつもは、もう待ちきれないとばかりに催促して軽く吠えるくらいですが、調子が悪いとホント全然食べないんですよね~(^_^;)



少し調べてみますと、動物はやはり調子が悪いと、食物を摂取せずに身体の回復に専念するみたいです!!

どういう理屈かと言いますと、何か食物を摂取すると内臓が食物を分解する働きで動きます。

いくら身体が疲れていても、何か食べると内臓は働き続けて消化するまで動き続けます!!

これでは身体を休めていても芯の疲れは取れませんね。



この事を動物達は自然に解っているのだと思います(^_^)

空腹時は内臓が働かなくていいので、身体の疾患部分に対して集中して回復力が作用すると言う事です!!

はい!!免疫力が上がると言う事ですね\(^_^)/



これらを考えますと…栄養とかってどうなんでしょうね!?(^_^;)

一日に何品目とか色々ありましたが、あまり関係ないのではないてしょうか!!



昔の江戸時代くらいの日本の食事を考えると、本当に粗食、素食ですよね(^_^;)

栄養素なんて考えはないですから!!(^_^;)

しかも朝は食べないでお茶を飲むくらいだったみたいですね!!

一日二食で腹八分!!(^.^)

常に日常的に空腹時を作り出して、自然に免疫力を上げている事になります!!(^-^)v

日本人って凄い!!\(^_^)/

身体の仕組みが解ってたみたいですね!!(^-^)v



また今度続き書きます!!♪ヽ(´▽`)/
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://lovestarcrystal.blog99.fc2.com/tb.php/15-5be79f8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。